アパートを明け渡すなら現状復帰を行なおう

作業者
  1. ホーム
  2. 賢いトラブル解決法

賢いトラブル解決法

空き部屋

交渉ができる可能性

借りていた物件から退去するとき、何もトラブルが起きずに退去できる場合が殆どです。契約時に退去について必要な費用を確認しておけば、トラブルが起こる確率も減ります。退去するときに原状回復費用で揉めることがあります。原状回復についてはトラブルが少なくないといえるので、契約するときには気を付けたいものです。原状回復のトラブルで多いのが負担する費用についてです。貸主と借主のどちらが支払うのか、請求された費用が高額なため支払いに問題があるなど、費用についてのトラブルが起きてしまいます。費用についてのトラブルが起きてしまったら、交渉をして解決を図ることができる可能性が高いです。お互い話し合って歩み寄ることで、双方が納得した解決をすることができるので、トラブルが発生したときは交渉してみることにしましょう。

弁護士は避ける

原状回復の費用のトラブルは、できるだけ当事者のみでの解決を努力しましょう。費用を支払う必要性や、支払う額は交渉で解決できる場合が多くあります。トラブルの解決を急ぎたいがために、弁護士に依頼するという方が少なくありません。弁護士ならば法的に解決することができるため、トラブル解消のための確実性があります。しかし、弁護士費用が発生するためとても損をすることになる可能性が高いのです。原状回復費用の交渉によっては支払う費用をゼロにしたり減らすことができます。弁護士ならば交渉を円滑に進めることができますが、原状回復に必要な費用と弁護士費用、場合によっては裁判にお金が必要となってしまいます。費用がかなりマイナスになってしまうため、弁護士を利用してのトラブル解決は避けましょう。