アパートを明け渡すなら現状復帰を行なおう

作業者
工具

貸店舗を退去するとき

賃貸の店舗や事務所から退去するときは、原則としてテナントが原状復帰工事の代金を負担しなければなりません。契約によっては工事業者が指定されている場合もありますが、交渉次第で代金を減額できる可能性があります。

空き部屋

賢いトラブル解決法

原状回復のトラブルは交渉によって解決できる可能性が高いといえます。ただし、弁護士に依頼してしまうと費用がマイナスになってしまうことがあります。弁護士を避けて当事者のみで交渉することで、円満解決をすることができます。

部屋を借りた場合には

空室

クリーニングは必須

住居に住むにあたって、大切にしなければならないのが汚しすぎないと言うことです。もちろん自分で購入した住宅であれば、修繕も自費で行うことになります。デフが賃貸物件の場合は、オーナーが直さなければならない箇所も出てきます。そのため住居を出ていく時には、現状復帰をしなければなりません。現状復帰は元の状態に戻すと言うわけではなく、ある一定まで状態を回復させなければならないという義務です。通常仕様で起こるような汚れであれば問題視はされませんが、汚しすぎた場合には費用が請求されることもあります。現状復帰は業者が主に行うことになりますが、これはオーナーに選ぶ権利があることが多くなっています。費用なども業者により差があります。

費用は

現状復帰の工事をする理由として、オーナーの負担を軽くするためと言うことがあります。オーナーは退去の後に次の住人を探さなければならないからです。もちろん新品に変えなければならない箇所も出てきますが、それ以外の部分は現状復帰を行うことで使用に足るようにすることができます。退去者はあらかじめ敷金や礼金を支払って入居することが多いため、そこから部屋を綺麗にするためのクリーニング費用などが出ることがほとんどです。部屋の状態によっては、敷金では足りずに別途費用が請求されることもあります。もちろんこれはオーナーが請求するかどうかにもよりますが、トラブルとなることを避けるためにも現状復帰について知っておくことが大切です。

ヘルメット

元の状態に戻そう

適切な現状回復工事をしたいときは業者選びに気をつけて依頼しましょう。実際に工事をするときには内装解体工事やスケルトン工事を行います。さらにその後廃棄物を処理する作業もしてくれるのです。処理方法も知識があるので適切な方法で対応します。